発達療育

●遊戯療法, 絵画療法 



言葉能力がまだ未熟な子どもに遊びを媒介として、自己表現を即す心理療法です。アクスラインの8原則に基づき、子どもの主体性を重視し、自由に遊べる空間を作りあげます。人間関係に大事な表現する楽しさを育みます。

 

●音楽療法



通常のことばかけよりも、抑揚の強調されたことばかけや、メロディが印象的な歌の方が子どもは知覚しやすいとわかっています。ことばの表出が未発達の子どもも、楽器を鳴らしたり、音楽に合わせて身体を動かすのを楽しみ、コミュニケーションと適応的な行動が学習されることをめざします。

 

●運動療法



子どもの発達は脳の発達です。そして脳を鍛えるには運動が効果的です。

運動は情動の抑制に優れ、集中力、イライラを上手にコントロールするのに役立ちます。さらに脳細胞を増やすます。自然が与えてくれる感覚刺激を十分に鍛えて自己肯定感の強い脳を育てます。

 

PAGE TOP

Copyright© 一般社団法人 わくわくCOM , 2021 All Rights Reserved Powered by takeroot.